家庭用脱毛器ノーノーヘアについて

ヤーマンの家庭用脱毛器、ノーノーヘア(no!no!HAIR)の使い方や口コミ、機種ごとの特徴を紹介するページです。

 

さまざまな家庭用脱毛器が販売されていますが、ノーノーヘアの特徴は、サーミコン方式であるということ。

 

このサーミコン方式とは、ひとことで言うと、熱でムダ毛をカットして処理する技術。メーカーによるとカットするだけではなく、ムダ毛を生えづらくする効果もあるそうですが、いずれにしても、半永久的な効果はなく、ムダ毛が延びてきたら、その都度、処理する必要があります。

 

つまり、ムダ毛の自己処理は、今後も続けていかなければなりません。ですので、家庭用脱毛器というよりも、自宅でカンタンにできるムダ毛処理マシンというほうが、わかりやすい表現かもしれませんね。

 

この記事では、そんなノーノーヘアの使い方、効果、口コミ、値段についてのほか、サーミコン技術についても解説していきます!

 

自己処理がいらなくなる家庭用脱毛器はこちらのページで紹介しています。

 

ムダ毛処理はサヨナラ! 家庭用脱毛器はこちら

 

 

 

ノーノーヘアはどんな家庭用脱毛器? 特徴を紹介

冒頭で述べましたが、ノーノーヘア(no!no!HAIR)に使われているサーミコン方式とは、本体に装備した熱線で、伸びたムダ毛をカットしていく処理方法です。

 

製品の形状がPanasonicの家庭用脱毛器、「ソイエ」に似ているためか、ムダ毛を抜いて処理する方式だと思われることが多いのですが、ノーノーヘアはあくまでもムダ毛を「切る」、家庭用脱毛器です。

 

サーミコン方式は、ノーノーヘアを開発した、Topline Innovations社の特許技術です。ちなみに、Topline Innovations社は南アフリカに本社を置く企業で、家庭用脱毛器をはじめとする美容機器や、健康器具の開発、販売を行っているようです。

 

ノーノーへア以外にサーミコン方式の家庭用脱毛器がないのは、いわば開発メーカーの独占だからなんですね。

 

 

ノーノーヘアのメリットとデメリット

メリット
  • 光脱毛を使うことができない肌色、毛色の方でもムダ毛処理ができる
  • 肌質や毛質を問わず使うことができる
  • ほくろ、タトゥー、日焼けなどがある部分にも使用することができる
  • 光脱毛のような痛みや熱さがない。毛穴を傷めないので肌トラブルのリスクが少ない
  • ファン音、モーター音などがなく、静かに使うことができる

 

デメリット
  • ムダ毛の伸びた部分をカットするだけなので、効果が長持ちしない
  • 脱毛効果を維持するためにはひんぱんに使用しなければならず、わずらわしい
  • 抜いたようにきれいにカットするためにはコツが要る
  • ムダ毛を切るホットブレイドの耐久性が低い

 

ノーノーヘアがムダ毛を除毛する仕組み

 

ムダ毛除毛の仕組み

 

 

ノーノーヘアの使い方

前準備

患部にクリームやジェル、制汗剤などがついていたら洗い流し、水気を拭き取って乾燥した状態にしておきます。

 

 

ノーノーノヘアのセッティング

ノーノーヘアには、充電式とコンセント式、2種類のタイプがあります。充電タイプの場合は事前に充電しておきます。充電時間は2時間程度です。

 

本体にホットブレイドを取り付け、出力レベルを調節します。

 

本体前面にウィンドウと調節ボタンがあり、レベルは3段階で選択することができます。処理するムダ毛の太さ、硬さに応じて出力を調節してください。

 

ムダ毛を処理する

本体を患部に垂直に当て、ゆっくりとブレイドを動かしてムダ毛を処理していきます。このとき、ムダ毛はブレイドの熱線でカットされるため、毛が焼ける独特の臭いがします。

 

肌に残った毛くずを、付属のバッファーでこすって取り除いたら完了です。

 

ノーノーヘアを使用する際のポイントや注意点
動かす速さ

ブレイドを速く動かしすぎるとムダ毛をうまくカットすることができず、逆に遅く動かしすぎるとやけどや肌のほてりなどのトラブルにつながります。

 

スピードは本体のシグナルライトを目安にしてください。点滅している場合は動かし方が速すぎます。

 

動かす方向

常に、自分の方向に動かすようにします。たとえば腕は、手首のほうにブレイドをあて、肩に向かって動かします。

 

これは、毛の流れに逆らってブレイドを動かすと解釈してかまわないようです。ノーノーヘアはシェーバーと仕組みが似ていますから、ムダ毛をブレイドの先端で起こすようにすると、スムーズにカットできるわけです。

 

わきの下のように毛の流れが一定でない部位は、毛の流れに逆らって上下左右の方向にブレイドを動かします。

 

使用時間の目安

使用時間は、1部位につき2分以内、トータルで30分以内にしてください。

 

安全性は考慮されているものの、高温の熱線を肌のすぐ近くにあてるため、使用が長時間になると、やけどや患部がほてるなどのトラブルが起きるリスクがあります。

 

やけどを予防するために

処理中は、肌の上で本体の動きを止めないようにしてください。動きが止まると熱線が一箇所に集中し、やけどしたり、熱さを感じたりすることがあります。

 

同様に、ホットブレイドを肌に押しつけるのも、やけどの原因になります。

 

わきの下やひじ、ひざの処理は

わきの下など皮膚にたるみのある部位は、ムダ毛が根元からきれいにカットされないことがあります。

 

わきの下は腕を上にしっかり上げ、ひじ、ひざは皮膚を手で引っぱり、伸ばしながらブレイドをあてます。

 

きれいに脱毛するにはいくつかのポイントがある

ノーノーヘアを使うコツ

 

 

使えない部位、使えないケース

使えない部位

ノーノーヘアは基本的に全身に使用することができますが、

 

  • 顔(ひげには使用できるようです)
  • デリケートゾーン
  • 産毛

 

以上の4つの部位には使用することができません。いずれも、皮膚が薄かったり、張りが少なかったりして、やけどなどのトラブルが起きやすいためです。

 

また、産毛は短すぎたり、細すぎたりするためブレイドがうまく捕らえることができません。

 

使えないケース
皮膚トラブル
  • アトピー性皮膚炎
  • 日焼け
  • にきびが炎症を起こしている
  • 敏感肌
  • その他、皮膚アレルギー
  • 切り傷 など
健康系のトラブル
  • 急性疾患
  • 有熱性疾患
  • 伝染性疾患
  • 悪性腫瘍
  • 心臓疾患・血圧異常
  • 妊娠中
  • その他、体調が優れないとき
医用電子機器を使用
  • ペースメーカーなどの体内植込式医用電子機器
  • 人工心肺などの生命維持用医用電子機器
  • 心電計などの装着型医用電子機器
その他
  • 骨折部位
  • ステロイド剤を長期間使用している部位
  • 海水浴・浴場へ行く直前

 

システムこそ異なりますが、ノーノーヘアも光脱毛方式と同じように高熱を使ってムダ毛を処理していく家庭用脱毛器であり、使用時は患部の肌は高熱にさらされることになります。

 

上記の表では一部のケースを紹介しましたが、ノーノーヘアも光脱毛器と同じく、患部に、皮膚アレルギーや傷、炎症といったトラブルがある場合、血圧異常など健康障害のある場合は使用を避ける、と考えるとよいでしょう。

 

いちばん下の、「海水浴、浴場に行く直前」というケースは、熱で肌についた傷から雑菌が入り込むのを避けるためと思われます。

 

ノーノーヘアは、処理方法はシェーバーに近いですが、熱を使用するという点で、シェーバーよりも使用には注意が必要です。ここは気をつけるようにしてください。

 

 

ノーノーヘア、消耗品はどのくらいで買い替えが必要?

家庭用脱毛器には消耗品がつきものです。

 

たとえば光脱毛方式の家庭用脱毛器は、ライトを照射するためのカートリッジが消耗品です。ショット数が上限に達すると買い換える必要がありますよね。

 

ノーノーヘアは、ムダ毛をカットするホットブレイドと、毛くずを取り除くバッファーが消耗品になります。

 

ホットブレイド

ホットブレイドはムダ毛を焼き切る熱線ですが、使用につれて切れ味が落ちていきますから、ある程度使用したら取り替える必要があります。

 

使用頻度や毛質などによって消耗の度合いは異なりますが、メーカーによると1個につき6時間使用で交換、というのが目安になっています。

 

たとえば、1回の使用時間の上限は30分ですから、時間いっぱい使用すると12回で交換、ということになりますね。

 

そのほかには、

 

  • 脱毛効果が落ちてきたと感じたとき
  • 熱線が曲がったり、切れたとき
  • シグナルライトが赤く点滅したとき

 

などがホットブレイド交換の目安です。

 

 

バッファー

こちらも、使用頻度や毛質によって異なってきますが、頻繁に使用すると1ヵ月くらいで買い替えになるようです。

 

バッファーは、ムダ毛処理の仕上げに使うもので、ノーノーヘアを使用すると、切れた毛くずや、カットしきれなかった毛が少し残るため、肌をバッファーで軽くこすってきれいにします。

 

素材はEVA樹脂(エチレンビニールアセテート)です。お風呂場のマットやビーチサンダルの底で、固めのスポンジのような素材でできているものがありますよね。あれがEVA樹脂です。

 

取り扱い説明書を読むと、何となく特殊な紙やすりのようなイメージですが、どちらかというと機能は紙やすりよりも消しゴムに近いように思われます。残った毛くずをからめ取って取り除く感じですね。

 

 

痛みは? 熱くない? 脱毛効果は? ユーザーの口コミいろいろ

GOOD!

  • 熱線で焼ききるので毛がチクチクしない。カミソリよりも快適です。
  • 動作音やモーター音がなく、静かに処理できる。家族に気を使わなくていいので楽ちん。
  • 使っているうちに毛が細くなってきました! ただ、効果が出るまでにはちょっと時間がかかりますね。
  • もともと抜くタイプを使っていました。そちらに比べるとノーノーヘアはほとんど無痛といっていいです。
  • カミソリによる肌荒れがひどく、気になっていました。ノーノーヘアに変えてからは肌荒れもなく、かなりきれいになったと思います。

 

 

BAD!

  • いわゆる脱毛器だと思って買ったら、伸びた毛を切るだけだった……。
  • 細めのムダ毛はきれいになくなります。太い毛はきれいに切れなかったり、熱さを感じることもありました。
  • スムーズに動かせばちゃんと処理できそうなんですが、どうもコツが要るようです。なかなか上手にできません。
  • コツをつかむまでにけっこう時間がかかりました。単純な脱毛器なのに使い方はちょっと難しいかも?
  • ひげに使ってみましたが、うまく処理できずカミソリに戻りました。
  • 毛が焼ける臭いが臭い! 家族がいるときは使えないです!

 

口コミまとめ

ネット上のノーノーヘアの評価は真二つに分かれる印象です。

 

「きれいに処理できた」、「快適」という好評価も多いですが、同じくらい、「使えない」、「お金を損した」という酷評も多いですね。

 

どんな効果を期待したか、で分かれた?

ひとつは、「どんな効果を期待して、ノーノーヘアを使ったか」によって、評価が大きく分かれたように思います。

 

カミソリの代用品として選択した方や、ローリング式(ムダ毛を抜くタイプ)の家庭用脱毛器の痛みがつらくなってノーノーヘアを試してみた方などは、上の口コミにあるように、機能に満足しているようです。

 

一方、光脱毛やレーザー脱毛タイプの家庭用脱毛器のような効果を期待した方は、やはり「期待はずれ」という評価になると思います。

 

ただこれは、広告の仕方が少しわかりづらいせいでもあるかな、とも感じました。

 

「熱線で切る」ということはきちんと明記されていますが、「抜かない、剃らない、痛くない」という宣伝文句だと、ちょっと誤解を招くような気がします。

 

家庭用脱毛器、といえば光脱毛が主流になってきていますので、なおさら、機能を誤解しやすいかもしれません。

 

使いこなせたかどうかで分かれた?

もうひとつは、ユーザーの皆さんの評価をあれこれ見てみると、どうも、ノーノーヘアでムダ毛をきれいに処理するためには、コツが要るようなのです。

 

ホットブレイドのあて方や動かし方などにちょっとクセがあるようで、スムーズに、かつきれいにムダ毛をカットするには、少々練習が必要なようです。

 

コツをつかんだ方と、スムーズに使えなかった方で評価が分かれた、という面もじゃっかん、あるように思います。

 

まあ、シンプルな家庭用脱毛器なのに使い方にクセがあるというのは、それだけで大きなデメリットといえますが。

 

また、ホットブレイドの形状によるものもあると思います。バリカンのような形状ですから、細いムダ毛を根元からきれいにカットするには限界がありそうですね。

 

 

ノーノーヘアはムダ毛を生えづらくする効果も……? サーミコン技術を解説

開発メーカーのTopline Innovations社によると、ノーノーヘアに使われているサーミコン技術には、ムダ毛をカットするほかに、毛穴の中の「バルジ領域」に熱を加え、ムダ毛を生えづらくする機能もあるのだそうです。

 

 

バルジ領域と脱毛の関係

「バルジ領域」は毛根と皮膚の間あたりに位置している器官で、体毛の素になる「幹細胞」を作るというのが、その機能です。そのため、このバルジ領域の機能を止めてしまえば、より効率よく確実に永久脱毛ができると、近年注目されているのです。

 

ノーノーヘアを使うと、熱線の熱はムダ毛を伝わるので、バルジ領域も加熱されることになります。

 

バルジ領域には17型コラーゲンというコラーゲンが存在し、これが幹細胞の生成をつかさどっています。

 

コラーゲンは40度〜60度という、比較的低い熱で機能を失ってしまうため、ノーノーヘアを使っていくうちに、熱線の熱でじょじょにコラーゲンの機能が弱まり、ムダ毛が再生されづらくなっていくというのが、サーミコン技術の理論です。

 

バルジ領域は毛の再生をつかさどる

 

毛の再生の仕組み

 

 

では、本当にノーノーヘアでムダ毛の再生を止めることができるのか

口コミの中には確かに、「ノーノーヘアを使っているうちにムダ毛が薄くなった」という声もあるんですよね。

 

ただ、実際にそうした効果が得られる確率は、かなり低いのではないかと思います。

 

ノーノーヘアの場合、熱線とムダ毛が接触するのはほんのわずかな時間ですし、毛を伝わるうちに失われる熱もありますから、皮膚の下にあるバルジ領域に、40度以上の熱を加えるのは、ちょっと難しそうですよね。

 

サーミコン技術の理論から考えると、光脱毛の家庭用脱毛器も、ムダ毛全体に熱を加えるわけですから、バルジ領域の機能をストップすることができることになります。でも実際には、光脱毛で永久脱毛はなかなか難しいですよね。

 

いろいろな好条件がそろった場合は、ノーノーヘアでムダ毛を薄くすることもできそうです。でも、はじめからそうした効果を期待してノーノーヘアを購入すると、期待はずれ、ということになりそうです。

 

 

ノーノーヘアを購入したい

ノーノーヘアの特徴として、とにかく販売されている機種の種類が多い、ということがあります。現在、主にネットショップで購入することが可能な機種をまとめて紹介します。

 

発売された順に並べましたが、発売時期が明確でない製品もあるため、不正確である可能性もあります。

 

ノーノーヘア

サイズ / 重量 38 × 33 × 81mm / 130g
電源 コンセント
その他 初代ノーノーヘア。2009年からのロングセラー

短毛用、長毛用2タイプのホットブレイド付属

最安値 / ショップ 8,300円 / 楽天市場

 

 

ノーノーヘアプラス

サイズ / 重量 38 × 33 × 81mm / 130g
電源 コンセント
その他

やわ肌モード、標準モード、パワフルモードの3モード
ホットブレイドの交換時期を液晶画面でお知らせ

最安値 / ショップ 9,980円 / amazon

 

 

ノーノーヘアスマート

サイズ / 重量 40 × 25 × 120mm / 105g
電源 充電式
その他

本体がスリムになり、その分少し長くなった
3段階のレベル調節が可能
バッテリー残量、ホットブレイドの消耗が液晶画面でわかる
スモールチップ(狭い部位用)、ワイドチップ(広い部位用)、2タイプのホットブレイド付属

最安値 / ショップ 14,800円 / amazon

 

 

ノーノーフォーメン

サイズ / 重量 40 × 25 × 120mm / 105g
電源 充電式
その他 ノーノーヘアスマートとスペックは同じ。違いはカラーデザイン

スモールチップ(狭い部位用)、ワイドチップ(広い部位用)、2タイプのホットブレイド付属

最安値 / ショップ 15,000円 / 楽天市場

 

 

ノーノーヘアスリム

サイズ / 重量 40 × 25 × 120mm / 105g
電源 充電式
その他 ノーノーへアスマートと基本スペックは同じ。違いはカラーデザイン

スモールチップ(狭い部位用)、ワイドチップ(広い部位用)、2タイプのホットブレイド付属

最安値 / ショップ 14,940円 / amazon

 

 

ノーノーヘアキュート

サイズ / 重量 38 × 33 × 81mm / 68g
電源 コンセント
その他

本体部分がよりコンパクトになった機種。液晶画面なし
ホットブレイドはレギュラータイプのみ付属
ちょっとサイケ風のデザインが特徴

最安値 / ショップ 20,335円 / 楽天市場

 

 

ノーノーヘアスマートプロ

サイズ / 重量 40 × 25 × 120mm / 105g
電源 充電式
その他

従来のノーノーヘアより最大で130%パワーアップ
3段階のレベル調節が可能
バッテリーの残量やホットブレイドの消耗を液晶画面で確認できる
スモールチップ(狭い部位用)、ワイドチップ(広い部位用)、2タイプのホットブレイド付属

最安値 / ショップ 12,200円 / 楽天市場

 

 

ノーノーヘアデラックス

サイズ / 重量

40 × 25 × 120mm / 105g

電源 充電式 / コンセント 両方使用可能
その他

バッテリーの残量やホットブレイドの消耗を液晶画面で確認できる
スモールチップ(狭い部位用)、ワイドチップ(広い部位用)、2タイプのホットブレイド付属

最安値 / ショップ 25,508円 / amazon、楽天市場

 

 

ノーノーヘアプロファイブ

サイズ / 重量 40 × 25 × 120mm / 105g
電源 充電式
その他 バッテリーの残量やホットブレイドの消耗を液晶画面で確認できる

スモールチップ(狭い部位用)、ワイドチップ(広い部位用)、2タイプのホットブレイド付属

最安値 / ショップ 29,669円 / amazon

 

ノーノーヘア、機能の変化

ノーノーヘア
(基本形)
  ↓
ノーノーヘアプラス
(表示画面、モード選択がついた)
  ↓
ノーノーへアスマート
ノーノーフォーメン
ノーノーヘアスリム
(本体のスリム化。スモールチップ、ワイドチップが付属された)
  ↓
ノーノーヘアキュート
(コンパクトタイプ。表示画面なし)
  ↓
ノーノーヘアスマートプロ
ノーノーヘアデラックス

ノーノーヘアプロファイブ
(出力が大幅アップ)

 

タイプ別、ノーノーヘア

 

ヤーマン

ノーノーヘアは、美容家電メーカーのヤーマン(YA-MAN)が発売しています。

 

家庭用脱毛器としては、最高クラスといえるレイボーテグランデ(もちろん、値段も高いです)のほか、美顔器やドライヤーなどラインナップは豊富です。

 

もしかしたら、ヤーマンの名前は、どこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

 

 

まとめ 〜理想の脱毛器になり得る機能を持っていますが……〜

開発メーカーの説明を読むと、ノーノーヘアはかなり理想的な機能を持っているのです。

 

  • 毛質、肌質を問わずにムダ毛処理ができる
  • 肌色、毛色を問わずムダ毛処理ができる
  • ほくろや日焼け部分にも使用することができる
  • 光脱毛のような痛み、熱さがなく、肌トラブルのリスクも少ない
  • バルジ領域を加熱するため、使用しているうちにムダ毛が生えなくなる効果もある

 

ただ、実際にはこのようにうまくはいかないようですね。肌色や毛色に関係なく使用できるのは確かにそのとおりですが、ムダ毛の再生を止める、という効果については、かなり見込みが薄いです。

 

バルジ領域を熱処理する施術は皮膚科などでも行われていますが、レーザーを併用するなどして、けっこう高い温度での処理が行われています。

 

ムダ毛の再生にはいろいろな条件がかかわってきますから、確実に再生をとめるためには、やはりある程度の高熱は必要なようです。ノーノーヘアの熱では、そこまでの効果は期待できなそうですね。

 

ノーノーヘアは、10代を中心に、若いユーザーに売れているようです。光脱毛やレーザー脱毛は、18才未満の方は脱毛効果が薄いため、本格的に光脱毛の家庭用脱毛器を購入するまでの、つなぎとして購入されているように思われます。

 

自己処理がいらなくなる光脱毛の家庭用脱毛器はこちらのページで比較や、紹介をしています。
家庭用脱毛器(光脱毛)はこちら